回る女性

b0006399_19401863.gif

[PR]
# by ladybugbash | 2007-10-27 19:40 | 雑記

「舞妓Haaaan!!!」の感想

※ネタバレなっしんぐ

まずはあらすじ。

舞妓に憧れる冴えないサラリーマン鬼塚が運営する
舞妓大好きサイトにサイト荒らしが!置き屋へ行った
事のない鬼塚を馬鹿にするそのサイト荒らしを見返すために
京都祇園の花街へ!そして憧れの舞妓と野球拳がしたい!

…そんな話です。

天下の宮藤官九郎脚本!主演はなんと阿部サダヲ!
これはグループ魂&大人計画信者は見に行くに決まってるでしょう。
そしてたいしたストーリー性もないバカコントに大爆笑すること
間違いなしでしょう!!!!

というわけで信者は見に行くべし。

信者じゃないけどコメディ映画が好きなら見に行くべし。

映画通とか言ってる批判大好きっ子は家で大人しくするべし。

見所はもちろん阿部サダヲのはちきれんばかりの裸体…
ではなくて役者としての才能。宮藤官九郎のバカ脚本。
そして柴咲コウのまばゆいばかりの舞妓姿!!!
なんて美人なんだろうと出るのはため息ばかり也。
他の舞妓が霞んで霞んで霞みまくってるんですけど!

美人はいいわね…。

とにかく2時間ひたすら笑わせてくれる作品です。
笑いたいやつは今すぐ映画館へGO!
…というわけで皆様おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-07-02 19:35 | 映画批評

「大日本人」の感想

※ネタバレなし。

松本人志初監督作品!!
しかし14年前に「頭頭(とうず)」という映画製作に
脚本や製作に関わっていたから監督になっただけで
製作した映画は2本目ってことになるのではないかしら。

酷評の嵐の中、気合い十分で朝一番の上映に繰り出した!
だって私は松本人志の大ファンだから!!!



開始後30分で爆睡。
快適な睡眠導入映画だった。

寝不足の皆様おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-06-14 11:57 | 映画批評

「蟲師」の感想

※ネタバレなし。

漫画の原作は面白いし大好きだ。
期待は高まる。



開始後30分で爆睡。
快適な睡眠導入映画だった。

寝不足の皆様おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-06-14 11:52 | 映画批評

「バベル」の感想

※ネタばれナシ…でも私なりの解釈はアリ。

複雑な時系列。広範囲の舞台。難解で意味深な行動。
この映画は1回見ただけではさっぱり意味がわからない。
できるだけ場面場面を記憶し、多くのセリフを記憶し
小さな複線も見逃さないように注意深く見る必要がある。

ストーリーはモロッコから始まる。
ブラッド・ピット演じるリチャードとケイト・ブランシェット
演じるスーザン夫婦は、我が子2人をハウスキーパーに任せ
夫婦の関係修復の為の旅に出る。
そして、現地のとある家族に渡った銃を引き金に4つの
家族が悲劇に巻き込まれていく…。

銃を譲り受けた家族は、幼い兄弟に銃の練習をさせるが、
そこにやってきたリチャードとスーザン夫妻を乗せた観光バスが
やってくる。それを見つけた兄弟は、あのバスに弾を当てる
ことができるかどうかを賭けて遊んだ。そして弾はスーザンの
肩に命中。病院も医者も居ない、言葉も通じないモロッコの草原で
夫は妻を助けることができるのか?

一方、アメリカで夫婦の子供達の面倒を見ているハウスキーパーの
アメリアはメキシコにいる息子の結婚式を明日に控え、代わりの
ベビーシッターを探すが見つからず、仕方なくメキシコへつれて
行くことに。

日本では、妻を無くした役所広司演じるヤスジロウとその娘、
菊池凛子演じる聾唖女子高生チエコの心のすれ違い。
声を持たないチエコは一体何を伝えようとしているのか…。

…見おわった感想は、「?」。

バベルというタイトルは旧約聖書のバベルの塔から来ているのかと
こじつけてみる。ノアの洪水後、ノアの子孫が権力を誇示するために
天上界にまで届くほどの高い塔を作ろうとしたというバベルの塔。
天高く作り上げた塔は、人間が神に近付こうとしたことで神の怒りを
買い、塔を崩壊したのち人類の言語を数多に分かち、人類を混乱させ、
2度と塔を作らせないようにした…という逸話。

それを証明するかのように、出てくる登場人物には共通のイライラが
ある。会話の無くなった夫婦。言葉の通じない世界。聾唖者。
彼らの抱える問題を1発の弾丸が繋いでいくという複雑な手法で物語は
進んでいく。しかし繋いでいるものが何かは最後までわからない。
ラストシーンに出てくる日本人の若い刑事は何を知ったのか。
それは想像するしかない。

26歳の菊池凛子が女子高生役っていうインパクトもさることながら
その存在感は圧倒的。ハリウッド女優も圧巻の風格だ。
彼女のオールヌードのシーンも一見の価値ありか…ちょっと女子高生
役ってのは頑張りすぎた感も。うーん。でも可愛かったで賞。

まぁお子様の目に触れなければ大丈夫。
皆様、お子様はハウスキーパーにお預けの上、劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-04-28 21:54 | 映画批評

「ハッピー・フィート」の感想

※ネタばれなしで~…

アカデミー長編アニメ部門受賞作。
フルCGのペンギン達が歌って踊る作品です。
何を基準にアカデミー賞って選んでるんだろうか…
さすがに映像は美しいしペンギンはかわいいし
音楽も聴きなれた耳障りのいいものばかり。

ようするにストーリーはおこちゃま向き。
あらすじもへったくれもない内容です。
小学生のお子さま連れでのご鑑賞をおすすめします。

お連れの親御さんは何の期待もなさらぬよう…
それでは皆様、おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-03-22 12:36 | 映画批評

「墨攻」の感想

※ネタバレなしでがんばります…

DOAの直後に見て衝撃を受けたのでちょっとだけ比較。

あっちはエンターテインメントとしての面白さを探求し
こっちは中国という国の国民性、戦いの意味…何というか
非常にナーバスな人間の闇の部分を探求した重い作品だった。

あらすじは難しいのでgoo映画さんより拝借。
墨攻 - goo 映画

戦国時代。趙と燕の国境にある粱城は、趙によって
攻撃されようとしていた。10万の趙軍に対し、梁城の全住民は
わずか4000人。頼みの綱は墨家の救援部隊だったが、
間に合いそうもなく、粱王は降伏を決断する。
墨家の革離(かくり)がたった1人で駆けつけたのは
その直後だった。兵に関する全権を粱王から与えられ、
早速城を守る準備に取りかかる革離。趙軍の指揮官・巷淹中は
革離を好敵手と見なし、やがて激しい攻撃を開始する。

墨家からの援軍「革離」役はアンディ・ラウ。
めっちゃかっこええ!!!
それだけでも1800円の価値がある。
てことはこの映画の価値は1万円くらいか…てほど
猛烈なスケールと脚本と製作陣だ。なんと原作は
日本の漫画だそうだ。知らなかった。是非読んでみたい。

冒頭で「中国という国の国民性」と言葉を綴ったが
政治的に日本で解釈されている「そうではないか」という
歪んだイメージがものすごくぴったり当てはまるのだ。
誤解を恐れず述べると人の命を軽視しているのではないか。
そんな風に戦乱の中で味方の人間を次々に虐殺していく
シーンはかなりショッキングであまりにも救いがない。

そこに墨家という存在が現れる。
彼らは人を殺さない。弱者が殺されるのを防ぐためだけの
戦術を持ち、そのために死んでいった敵を同じ人として
考える思想は民衆の心を掴み、やがて欲や地位に執着し、
人間の命を軽んじる国王や忠臣への信頼を脅かしてゆく。

たった一人の援軍「革離」の存在・思想を太陽として
輝かせるためか、人間の闇をこれでもかと描きに描いて
テーマであるこの終わりなき問いが観客の胸に迫るという
見事な演出にも拍手を送りたい。

革離は冷酷である。
しかしそこに野心はない。そんな中、美しい近衛兵
「逸悦」によって頑なな心は開かれてゆく。
代わって国王はどうか。
冷酷で残虐で自分のことしか考えていない醜い根性。
革離はそれを描きつくすに余りある存在だった。

敵将すら革離によって命を見つめなおす。
しかし彼らは太陽の運命であるかのように没していく。
こんな重く苦しい映画であるにもかかわらず
私は万人にこの作品に触れてほしくてたまらない。

この悲しみの全てを受け止めて学ぶべきものは数多である。
どうか大切な人と見てください。

私に言えることはこれだけです。

皆様、おそろいで劇場へどうぞ。
もうすぐ終りそうですけど…


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-02-18 21:22 | 映画批評

「DOA~デッド・オア・アライブ~」の感想

※ネタバレなしっす

いや~おもしろかった。なんだこりゃ。
格闘ゲームがそのまま実写になったみたい。
でもゲーム内の設定は被ってたりオリジナルだったり。
ゲーセンでカリスマゲーマーのプレーを後ろで見てると
面白いじゃないですか。まさにあれです。
全然関係ないですがブンブン丸様愛してます。

元々格闘ゲームだけど筋書きはバッチリあるので
映画化もしやすかったんじゃないかな~と思います。

もちろんお色気メンバーもしっかりバッチリ再現してるし。
ホリー・ヴァランスちゃんがこんなところに!まさに
うってつけのキャラですねー。今回も見えるか見えないか
ギリギリの映像技術を駆使してます。もう一人のお色気担当
ティナ役のおねーちゃんもWWEから連れてきたディーバかと
おもったくらいムキムキで見るからに強そう。
大成功神キャスティング!ですね。

日本からはケイン・コスギとデヴォン・青木が大活躍で
スーパーキャラクターを見事に演じきっておりました。
ケインは元からアクション俳優だけどデヴォンちゃんは
見た目がスーパーだから何の違和感もなかった。

最初から最後までアクションバリバリで退屈してる
暇もないほどのめくるめく展開に大満足させて
いただきました。ありがとう配給会社。

久しぶりに素直な意味での面白い映画でしたね。
でもちょっとセクシーなシーンもありますので
小学生が親と一緒に行くと気まずくなること請け合い…
ゲームが元ネタでも、どっちかっていうと大人向けかな~。

それでは、大人ゲーマーな方もそうでない方も
皆様、おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-02-18 19:31 | 映画批評

「マリー・アントワネット」の感想

※ネタバレなし

監督はソフィア・コッポラ。女性ならではの目線で
18世紀の超セレブ「マリー・アントワネット」を描いたこの作品。
実際のベルサイユ宮殿で撮影された映像は圧巻。
うっとりするようなドレスに家具にお菓子にアクセサリー。
まさに女性が作った女性のための映画~♪って感じ。
でもほめるのはここまでですよ…。

マリー・アントワネットがどんな人生を送ったのかを
彼女の心の揺れに沿って描いている…なんていう理想を
掲げて作ったんだろうとは思いますけれど、ストーリーに
抑揚が全くない。単に生涯を掻い摘んで見せているに過ぎない。
心の揺さぶりを描くにはまずそれなりのインパクトで動機を
見せなければ観客は「ふーん」と通り過ぎてしまうだけ。

最近ありがちの実話風映画全てに共通することですが
どんな偉大な有名人を映画にしようが面白くなきゃ意味がないよ!

時にゴシック、時にアナーキーな演出も付け焼刃。
眠気ばかりが増えていく。
世界ふしぎ発見でやってたマリー・アントワネット特集の方が
面白かったのは気のせいでしょうか。

マリー・アントワネットの華やかな部分しか見せないってのは
絶対間違ってるし心の揺れの部分がめちゃめちゃ小さくて
宮殿での寂しさや母になるまでの苦労や死ぬ前のエピソードが
な~んにも描かれてなくて、唐突に王妃としての自覚が
芽生えたようにしか見えないんですけど…。

華やかなだけのマリー・アントワネットが描きたかったんですか?
単にドレスやお菓子を見せたかったんですか?
なんだかよくわからない映画でした。

とりあえず映像は究極に美しいのでそれだけは価値アリです。
それを踏まえて皆様、おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-02-18 13:28 | 映画批評

「世界最速のインディアン」の感想

※ネタバレしないでがんばりましょ~

おすぎも大絶賛のこの映画。
ほんとは「それでも僕はやってない」を観たかったのだが
なぜか平日にもかかわらず大盛況…しかもカップルだらけ…
今日はバレンタインデーだったのか…。ああウンザリ。
私は混んでる映画館と甲子園と巨人戦の東京ドームが大嫌いだ!
てことでこっちに鞍替え。

観てみりゃ何のことはない単なるロードムービーだった。
「モーターサイクル・ダイアリーズ」のご高齢バージョン?
それもこれもどっちも実際の話だし。

アンソニー・ホプキンス演じる「バート・マンロー」が
インディアン・スカウトっていうバイクを長年改造しまくって
どれだけ早いか試してみたいと、友達から資金を集め、
そのなけなしのお金をはたいてニュージーランドからアメリカ・
ユタ州のボンヌビルの大会を目指し新記録を出すまでの話。
って書いちゃったらネタバレじゃねーか!でもまぁそれだけの話。
goo映画のあらすじにも書いてあるし。気にスンナ!

ロードムービーにお約束の旅の途中のロマンスもなぜかしっかり
入ってますよ!おじいちゃんゲンキね!!!!
中年の星どころか高年の星なこの映画…一体誰をターゲットに
しているのだろうか…。とりあえずデートには向いてない。
ファミリーにも向いてない。オールド・バイクファン向けか?
シルバーカップル向けかも。おすぎが絶賛するくらいだから
映画ファンはとりあえず観ておこうw

まぁとりあえず期待ゼロからの鑑賞ってことで
そこそこよかったです。そこそこですけど。
モーターサイクル・ダイアリーズ見た人はデジャヴを
味わえます。それではこの辺で。

皆様、おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-02-14 20:09 | 映画批評

「日常 恋の声」の感想

※なんでもアリで!

本日はレディースデーってことで早速観て参りました。
水曜日の休日は独り映画に限りますね…。

大阪を舞台にしたなんとも不思議な空間を映像表現した
笹部香初監督作品「日常」の第2段。

2006年2月に公開された「日常」から早1年、
一応続編とはなっておりますが「日常」自体にストーリー性が
なく、とくに「日常」をみていないからといって楽しめない
というわけではないのですが「日常」が傑作だっただけに
ぜひご覧になってからの鑑賞をおすすめします。

そしてなんと!今Gyaoで「日常」が無料で視聴できる
キャンペーン中ですので、早速観ていただきたい。
http://www.gyao.jp/cinema/sityou/catedetail/contents_id/cnt0028797/
3月2日までです。
DVDも発売中なのでGyaoの登録が面倒臭い方はレンタルでどうぞ。

大阪のありふれた町並みに大阪の一風変わったおもろい人間を
描写し、つなぎ合わせただけのスタイルで最後まで進む「日常」は
「日常」でありながら「非日常」を描いている。
しかしそれはキャストが全員お笑い芸人だからである…。

そのパターンを踏襲して今回は「恋の声」、すなわち大阪の恋。
大阪人の恋愛を描写した作品になっている。
しかしこれもまた「日常」と銘打ちながら「非日常」な不思議空間を
描き出しているのだ。そこは前作と同じく登場人物がお笑い芸人だから
である…。でもそれだけではない。芸人だって恋をする。
その「な~んとなく素」っぽい芸人の芝居が観客を引き込むのである。
そしてその背景を彩る大阪の町並みはまぎれもなく「日常」なのである。

105分の中にぎっしり詰め込まれた大阪人の恋の声は
大阪に暮らす私にはあまりにもリアルで、まったく泣けるような
演出ではないのにも関わらず涙はあふれるは胸は締め付けられるわ
笑いの要素あふれる中、私は一人やられっぱなしであった。
大阪人の恋の声は実に笑いと密接に関わりがあり、
笑えるエピソードすら我が身に当てはめると思い出が蘇り
涙となって流れ落ちるのである。

3分の1ほど埋められた客席からはまったく笑い声はなかった。
面白い作品のはずなのに。
そしてエンドロールが終るまで誰も席を立つことはなかった。
観客の一人一人がこの擬似恋愛空間にどっぷり浸っていたのでは
なかろうか。そんな風にも思えてしかたがない。

この作品は大阪人以外が見るとどう思うのだろう?
私は生まれも育ちも大阪で、大阪人としてしかこの作品を
評価することしかできない。
笑えるのだろうか?それとも胸が痛く切なく感じるのだろうか。
どうか大阪人の皆様は足を運んでいただきたい。
そして大阪なんてもんをまったく知らないあなたにも
どうかご覧になっていただきたい。
素の大阪を体いっぱいに感じて、泣いて笑ってください。

というわけで長々と書いてしまいましたが
皆様、おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-02-07 20:40 | 映画批評

「守護神」の感想

※ネタバレなしです。

タイトル「守護神」って…なんかしょぼっ。
もうちょっと面白そうなタイトルつければいいのに。
CM綾戸智絵ってのもなぁ…客よぶ気あります?
おすぎよりはましだけど。

あらすじがつかみ所がない上に面倒臭いのでgoo映画から拝借。

アメリカ沿岸救助隊に所属するレスキュー・スイマー、ベン・ランドール。
数々の命を救った伝説的なスイマーだった彼だが、ある任務で相棒を目の前で
失い、心に深い傷を負ってしまう。妻にも別れを告げられ、失意に沈むベン。
そんな重い気持ちの彼は一時現場を離れ、レスキュー隊員を養成する学校・
Aスクールに教官として赴任する事になった。そしてそこで元高校水泳チャンプの
訓練生、ジェイク・フィッシャーと出会い…。

この英雄ベンが主人公ケビン・コスナーです。
彼のまったく災難な数ヶ月を追ったストーリー。

監督は「逃亡者」の人です。名前わすれました。

ケビン扮する英雄ベンはひたすら厄年?ってくらい不運。
救助先で同僚は全滅、妻にも逃げられます。

そして不本意ながら借り出されたレスキュー養成学校で知り合った
男前のアシュトン・カッチャー演じるジェイクを通じて、ベンの
人間像を描いていくという流れはとてもよく出来ているのですが
一体監督は何が言いたかったのか…さっぱりわからないほど
ヒーローものでありヒューマンドラマでありラブストーリーでもある
という盛りだくさんの内容で2時間20分近くもあるこの作品は
とにかくもういいかげんにしろよ!!!と立ち上がりたくなるくらい
長い長い長すぎる作品です。映画館では始まる前に10分くらい
広告も入りますからトイレが近い方は注意なさってくださいね。

映画のメインストーリーはしっかり出来ているので面白いのは
面白いんですが、どうでもいいジェイクのラブストーリーを
ばっさり削って2時間弱にまとめればめちゃイイ作品になったと思うと
見終わった後の感覚は惜しい!!惜しいよこの映画!!!に尽きる。
言うなれば「傑作に成りそこなった超大作」。…長州力風に言うと
「天下を取りそこなった映画」…わかるあなたは新日プロレスファン。

あのジャマなエピソードさえなければ私も自信をもって、皆様!!!
おそろいで劇場へどうぞ!!!!!と言えたのに。
今回はまぁこんなもんですね。

皆様おそろいで劇場へどう(略


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-02-04 13:50 | 映画批評

「モンスターハウス」の感想

※ネタバレないとおもう!

これは子供向けの映画です…たぶん。
でもおもしろい!
大人同士で行っても絶対面白いと思う。
むしろデートで行ってもいいと思う。
デートムービーだ。

舞台はハロウィン。
こわい爺さんが住む屋敷の謎に子供たちが挑む!
ってなかんじのあらすじです。

序盤は遊園地のお化け屋敷を探索してるようなドキドキ。
中盤はジェットコースタームービー。
そしてラストは切ない…これ以上は言いません。

ハロウィンってイベントは日本では全然なじみがないけど
廃墟や幽霊の話は記憶にあると思う。
それをたぐって誰もが童心に返り楽しめる映画に仕立てた
スティーヴン・スピルバーグとロバート・ゼメキスの手腕に
拍手拍手です。もっと話題になってもよかったと思う。
CMほとんどやってなかったよね??

もうすぐ公開が終っちゃうのが残念なのですが、もし
見れなかった人は今年の10月にDVDでお子様と一緒に
見ちゃうってのもアリですよ。
もちろん大人一人でみるのも全然アリ。
だって面白いから!
子供向けだと思ってみないなんて損だと思う。

というわけで皆様おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-01-30 11:08 | 映画批評

「硫黄島からの手紙」の感想

※ネタバレなしで!

いわずと知れたクリントイーストウッド監督の日本映画です。

こういう映画の批評ってすごい難しい。
なんでかってもうそりゃー史実のドキュメンタリーみたいな
そういうもんだわけで娯楽性やエンターテインメント色が
まったくさっぱりないからです。

でも一言でいわせてもらいます。
見に行ってください。
お国のために戦った私たちの僅か前の世代の方たちの
死んでいった悲しみを私たちは知っておかなければならない。

お国のため?なんてそんなバカな揚げ足取りで
論争するつもりはありませんが
愛する家族のために国を守った方々の底知れぬ悲しみを
目の当たりにするでしょう。
派手な殺し合いのシーンはほとんどありません。
ただ、悲しみと生と死の描写が秀逸で
最後は重くならずにやさしさと強さを自分のなかに
見つけることができるはずです。

皆様おそろいで劇場へ。
お子様もぜひごいっしょに。
悲しみの時代を生きた方々への最上の敬意を込めて申し上げます。
皆様おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2007-01-28 01:29 | 映画批評

「武士の一分」の感想

※ネタバレなんてするもんか!

初日の一発目に見てきました。
平日の午前中ってことで客層はお年を召された方ばかり。
そして客の入りは1/3くらい。平日だったからね。

あらすじは、イケメン侍が貝の毒に当たって盲目になっちゃったけど
剣の腕は確かで嫁の為に闘っちゃうぜ!だってオレ、アイドル侍だモン♪
ってかんじで、全編にわたりコミカルで爆笑しちゃったりなんかもしましたね。
キムタクのドアップとかで。

んでも結構最後はホロッとしちゃったりなんかするので
水戸黄門あたりがツボな方にオススメしちゃいます。
そんくらいストーリーは単純明快。

いやもう今回このブログを見てくれたあなただけに特別ネタバレしちゃいます!

オレはもう目が見えなくなって武士としては生きて行けない…と悩む
そこのイケメン侍さん!大名のお毒見係という役職は…視力いらねえよ!!!!!

そんなツッコミをおもっきり劇場でやっちゃいたい皆様おそろいで劇場へどうぞ。


↓クリックお願します↓
映画blogランキングへ
[PR]
# by ladybugbash | 2006-12-25 21:15 | 映画批評